0

Twitterユーザーのマサキタケオ(@takeo1945)さんが披露した、サバゲーをより楽しむことができる工夫が話題になっている。

見えないが白衣の下にネームプレート下げているそうだ

サバゲーで白衣を着ると、応戦する研究員気分になれるということに気付いたマサキさん。サバゲーといえば迷彩服、という固定観念を覆す発想だ。
加えて、場面設定や演じ方次第であらゆる種類の科学者になれる楽しみもあるという。


あやしいものを作るマッドサイエンティスト
群衆を操るタイプの科学者

投稿を見たTwitterユーザーからは「喰われる未来しか見えない」「ショットガンってのがまたありそうなチョイスで草」といった声があがっている。

なお、マサキさんは白衣のほかにもさまざまな格好でサバゲーをエンジョイしているそうだ。




時代や身分、現実を超えた存在になれる楽しみ方だ。サバゲーが好きな人は参考にしてみては?

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?