1

編集者の一ノ瀬翔太(@shotichin)さんがTwitterに投稿した、「人をイライラさせる本の扉」が注目されている。

紙の本のはずなのに……!?

本の扉に印刷されているのは、進捗インジケータと呼ばれるアイコンの図。画像や動画をダウンロードしている途中など、さまざまな場面で現れるので誰でも見たことがあるはずだ。一ノ瀬さんによると、この扉にイライラする人は「スマホ疲れ」している可能性があるという。

投稿を見たTwitterユーザーからは「写真の中にあってもイライラする」「くるくるが"止まってる"という最悪なやつですね…」という声があがっている。

この本は2019年10月3日に出版予定の『デジタル・ミニマリスト──本当に大切なことに集中する』というノンフィクション。進捗インジケータにイラッとしてしまった人は必読かも。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?