1

Twitterユーザーで大学教授の毛丹青(@maodanqing)さんが投稿した、踏切を電車が通過する様子を映した動画が話題になっている。

こちらの動画は、一見、よくある日常的な風景だが、中国のソーシャルメディアに投稿したところ1千万回以上のアクセスを獲得したという。コメント欄には「日本のアニメによく登場するシーンを彷彿させるものがあった」という感想がほとんどを占めていたそうだ。

投稿を見たTwitterユーザーからは、「日本の日常風景は海外だとなかなか目にしない風景なんですね」「日本の学校の何気ない風景とかも海外のアニメファンの人にとっては萌えるらしい」などの声が寄せられた。

住んでいるとなかなか気づかないが、たまには「何気ない日常」に目を向けてみるのもいいかもしれない。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

青列車@letrainblue81号 @letrainblue811 2019年9月21日
阪急電鉄で単線短編成…さては?甲陽線か?成程それならかの[涼宮ハルヒの憂鬱]の舞台になった西宮市だからアニメっぽく感じられても不思議じゃないね。
jun_nakayama @junnakayama4 2019年9月22日
こういうオシャンティーな場面のあるアニメは大抵が意識高い系の雰囲気アニメで面白くない
Shin Matsuda (syncbunny) @syncbunny 2019年9月22日
日本のアニメでは踏切が描かれがちということの裏返しでもあるな。バス停とかだと描く理由はなんとなく想像できるんだけど、踏切を描く理由はなんなんだろう。
コウコウ(kou)🌻 @AirzoomH 2019年9月23日
踏切はアニメというよりドラマの手法でよく使われていた印象が強いですね。 距離と騒音によってキャラクター同士の関係を阻害する すれ違いの表現として メタ的にリンクさせていた傾向がありました。携帯電話が登場する以前の 情報伝達が不便だった時代に生み出された演出方法の一つかと思います。