0

山形県の各地では、郷土料理である芋煮をふるまう「芋煮会」が開かれている。Twitterユーザーのブタゴリくん(マンモーニ)
@tabimaru25)さんは、あまりにインパクトの強い芋煮会の様子を撮影した。

まるで工事現場
山形牛が使用されているそう

こちらは、毎年この時期に山形市にて開催されている『日本一の芋煮会フェスティバル』と呼ばれるイベント。巨大な鍋や重機を用い、なんと約3万5000食の芋煮を提供する。重機は新品を使用し、衛生面を考えて高圧洗浄を行い、工業用潤滑油の代わりにサラダ油やバターを使うこだわりっぷり。巨大な重機が立ち並び、さながら工事現場のよう…。

ツイートを見たTwitterユーザーからは、「いいな!超おいしそ~~!」「私もいってみたい」などの声が寄せられた。

こちらは毎年行われているイベントなので、興味があれば来年度に参加してみては。公式サイトはこちら

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

jun_nakayama @junnakayama4 2019年9月22日
待て、芋煮会と言ったら豚汁だろ 何で牛肉なんだ