0

Twitterユーザーの枕井 仗二(@Dad_McFly)さんは、小学2年生の息子さんがエスカレーターを見て叫んだ一言を投稿。その発想が印象的だと話題になっている。

ツイートされた動画には、天窓から光が差し込んで、上りエスカレーターの一部分が明るくなっている様子が映っている。エスカレーターの段が上がると光の当たる段も変わり、まるで光が一段ずつ降りているように見えるのだ。

投稿を見たTwitterユーザーからは、「良い感性」「いつだって子供の想像力は無限大だ」と息子さんの発想に感心したという声が寄せられた。

大人にとっては何気ない光景も、子どもにとっては大発見に違いない。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?