4

Twitterユーザーの十三月一日(@undecimber_the1)さんは、生まれて初めて金縛りにあった時のことを漫画にした。目が覚めたが、身体が動かない…これは金縛りに違いないと思った時、足元から何かがやってきた。

見ると、そこにいたのは猫さん。飼い主が金縛りにあっているとも知らず「アゴの下なでて!」のポーズをとったが、なでてくれないことに怒って手のひらに頭をグリグリと押し付けてきたそうだ。

投稿を見たTwitterユーザーからは「これなら金縛りにあっても癒される」「怖いやつかと思いきや微笑ましかった」と、猫さんの行動にほのぼのしたという声が集まった。

猫さんがやった「アゴの下なでて!」のポーズはこちら。

人間がなでてくれると疑わない猫さん
アゴの下なでてもらうのが好きなんだね〜

こんなにかわいいポーズでおねだりされたら、なでざるを得ない。でも金縛り中は難しいことを理解して欲しいものだ。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

トゥギャッチ @togech_jp 2019年8月1日
猫さん「なでて!(クィっ)」というポーズがかわいい!!
プリティン@字一色 @puddingting 2019年8月4日
セルフなでなでは机の角でもどこでもできるのに、やっぱり人の手がいいんだね