0

コンビニの入り口に座り込む猫と、手書きの貼り紙の写真。高崎Ring Road [店長部屋](@ringroad1)さんがTwitterに投稿した画像が、さまざまな憶測を呼んでいる。

「早朝よりご来店のネコ様」はじっと店内を見つめていた

貼り紙に書かれた内容によると「朝早くに現れたネコ様が、遠くへ連れて行っても戻ってきて、エサで釣っても動きません。本日は当店の店長の命日であるため、特別に1日様子を見ることにしました。お邪魔でしょうがご容赦ください」と記されている。

投稿者は、この猫さんと亡くなった店長との関わりについては「まったく存じません」とのこと。しかし、店の前からまったく動かない、しかもこのコンビニの元店長の命日に起きていることなので、何らかの関わりがあったのかもしれないと妄想してしまう。

投稿を見たTwitterユーザーも「店長なのか、はたまた喪に伏してるのか。不思議な猫ですねぇ」「店長どんだけお店好きだったんだよ....」と、猫さんが店長を想って来たのか、あるいは店長が猫の姿で店を見に来たのか…など想像を働かせていた。

猫さんはその日の夕方に少し元気がなくなってしまったが、親切な人が動物病院へ連れて行ったそう。本当の理由は猫さんにしかわからないが、多くの人が猫さんを温かい目で見守っていることは確かだ。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

トゥギャッチ@秋の感謝祭実施中 @togech_jp 2019年7月12日
動かないだけじゃなくて、遠くへ連れて行っても戻ってきてたのが不思議だねぇ……