0

Twitterに投稿された、写真にしか見えない美しい虎の画像。

実はこれ、色鉛筆で描かれたものだ。

虎の絵を描いたのは、音海 はる  🐾‏(@huwahuwa1_25)さん。毛並みの部分を拡大した画像を見ても、色鉛筆で描かれたとはにわかには信じがたい印象だ。

しかし、Twitterに投稿された途中経過の画像を見ると、鉛筆で下書きされていることがわかる。この部分を見てようやく「絵」なのだと理解できる。

毛並みを描く際には、まず鉄筆を使って紙に溝を彫り、その後に色鉛筆で塗ることで表現しているそう。

こうして細かい毛の1本1本を描き、完成までに15時間かかっているという。

作品を見たTwitterユーザーからは「これが絵!? すごすぎて言葉が出ません」「写真にしか見えない」など、驚きの声が次々と上がっている。

音海さんのTwitterアカウントには、他にも多数の色鉛筆画が投稿されている。ぜひチェックしてみては。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

トゥギャッチ @togech_jp 2019年7月12日
このトラなら絵の中から出てきそう……!