1

東京から南南東へ約1,000kmの場所に位置する小笠原諸島。世界自然遺産にも登録されている小笠原を訪れたひかる(@hika_eki)さんが港で見かけた驚きの光景が、Twitterで話題になっている。

何やら巨大な魚たちが泳いでいるぞ…
こ、この姿はまさか…!

サメと一緒にエイも泳いでる!

港で迎えてくれたのは、なんと巨大なサメとエイ!さらには珊瑚も見える。場所は、小笠原諸島の父島にあるとびうお桟橋というところ。この海の透明度に、迫力いっぱいの魚たち。ここ、水族館ではないですよね…?

この投稿を見たTwitterユーザーからは、「うおーなんじゃこりゃ?!」「あ、圧倒的じゃないか・・・!」「すごい迫力なんだろうな」等、驚きの声があがっている。

小笠原諸島は東京都ではあるものの、ひかるさんによると「乗り換えがスムーズに行けば東京駅から25時間」かかるとのこと!行くのは大変だが、豊かな自然と触れ合える島々を一度は訪れてみたいものだ。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

トゥギャッチ @togech_jp 2019年6月11日
長時間かけてやってきた旅行者たちを、こうやって歓迎してくれてるんですね!