1

インドを旅行中のryomatsu@ 🇮🇳Delhi(@ryomatsu)さんは、ニューデリーの街で見かけた、びっくりするほど雑な配線の写真をTwitterに投稿した。

縦横無尽にもほどがある

日本では一般的に電柱から引込線を伸ばし、引込口配線を経由して屋内に電気を送っている。ところがこの写真では、壁に空いた穴に向かって、まるで蔦や触手のような無数の配線が建物に侵入しているように見える。

ryomatsuさんによると、「撮影場所のニューデリーでは雑多な配線が多いが、ここまで豪快に壁を壊しているのはなかなか見ない」とのこと。

散歩がてら撮影された配線の数々
垂れててもからまっていてもお構いなし
穴さえあれば通してやるという気迫を感じる
飛ぶ鳥も引っかかってしまいそう

ryomatsuさんはこの他にも街で見かけた配線の画像を投稿しているが、どれを見ても豪快だ。

投稿を見たTwitterユーザーからは、「これで配線が成立しているのがすごい」「どちらかと言えば中にいたのが出てきた感」と驚く声が上がった。中には、「トランスモーファーだ!」「AKIRA感ある」とSF作品を連想する人も。

電気を引くために穴を空けたのか、もともと空いていた穴に通したのか。どちらにしても日本ではまず見られない光景だ。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

トゥギャッチ @togech_jp 7日前
「電気など通ればいいのだ!」という大らかさを感じる。