1

漫画家の小日向まるこ/ Marco(@MARU_CO_415)さんは、うつ病を患った自身のお母様を介護した経験についての漫画をTwitterに投稿した。

シングルマザーで仕事と家事をこなしてきたお母様は、小日向さんが高校2年生になる前に体調を崩し、働けなくなってしまった。責任感の強いお母様にとって、働けないことは大きなショックになったという。

その後、うつ病の症状が現れ始め、ひどい時には自殺未遂や包丁を持ち出しペットを殺そうとしたこともあったそうだ。

病院の付き添いや家事など、お母様の介護を行っていくうちに、小日向さんはストレスを溜め込んでいってしまったという。

ある日、お母様が首を締めながら「殺してくれ」と懇願してきたことをきっかけに、小日向さんはお母様と距離を置くことを決めた。

小日向さんはお母様とと距離を置くために、これまでも受けていたお料理、掃除などの家事を支援してくれる「居宅介護支援」を増やした。さらに、訪問介護や通院支援など、ほかの支援サービスにも片っ端から申し込んだという。

支援を受け始めて3ヶ月から半年ほど経つと、お母様の体調はみるみるうちに良くなったそう。1年半ほど経つ現在では、家事や外出もひとりできるようになり、お母様の顔に笑顔が戻ったという。

小日向さんはこの介護経験から「うつ病の介護を検討されている方は、家族だけで抱え込まず、第三者の手を借りることを検討してみてください」と語っている。

投稿を見たTwitterユーザーからは、「勉強になりました」「自立とは、依存先をたくさん作ることとの言葉に納得」といった反応が寄せられた。

小日向さんは公的支援サービスの受け方についても漫画で説明している。今、まさに公的支援を受けようと考えている人にとって参考になりそうだ。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

トゥギャッチ @togech_jp 2019年5月31日
「自立とは、ひとりで生きることではない」という言葉がとても響きました
ーーーーー @sjhfuisvnskdmc 2019年6月2日
無理に一人で生きようなんて思ってないけど、依存先を増やす事って難しい…難しくない?
xi @accountLINKonly 2019年6月6日
sjhfuisvnskdmc 個人差はあるにせよ基本的にプロは依存させないよ。ふらついたときに足をおける別の土台や手すりがあるんだ、みたいな?補助輪的な役目を担ってくれるんだよ