1

 Twitterなどに漫画を投稿しているowaraiking2314(@owaraiking23141)さんはある日、街中で急病のため倒れてしまい、救急車の到着を待っている人に遭遇した。こんな時、救急車を呼ぶこと以外にもできることがある…という思いを漫画にしている。

通行人は倒れている人のことが気になってしまう…

 意識がある場合、病人が気になるのは通行人の視線だ。病人は無抵抗な状態の自分を見られたくないと考えているので「通行人から隠してほしい」…と描いている。

意識があるなら声掛けをして、不安をやわらげる

 また、倒れてしまった本人に意識があって話ができる状態、かつ不安がっていたら何気ない話をして欲しい、という。

 投稿者自身も街中で倒れて救急車を呼んでもらった経験があり、やはり通行人が気になったり、救急隊員からの声かけで安心したり、といった思いをしたそうだ。

 もし同じような場面に遭遇したら、急病人を動かさないように注意しつつ、こうした心遣いができるかもしれないことを心にとどめておきたい。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?