1

 中東で暮らす歌人の千種創一(@chigusasoichi)さんが、教会のそばで月を撮影しようとしていたところ、アラブの兵士から声をかけられたというツイートが話題だ。

 千種さんは「これ拘束されるやつだ」と思ったが、兵士がかけてくれたのは、まさかの優しい言葉。二人で並んで月を見上げて写真を撮る姿を想像すると、それだけで心があたたかくなる。

 中東では、女性を褒めるときには月で形容するという説もあるという。Twitterでは、他にも海外で生活する方から、「今日は月がきれいですよ」と教えてもらうことがよくあるという報告もあった。

 千種さんのツイート通り、まさに月の美しさは国境や民族を越える。ふと月を見上げたとき、きっと見知らぬ地でも同じ月を見て美しいと感じる誰かがいるのだろう。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?