2018年7月26日

京都・伏見稲荷大社の「本宮祭」の様子を納めた写真がまるで異世界みたい

異世界のような美しさ
1

 連日厳しい暑さが続き、まさに夏まっさかりと言える今日このごろ。今回はそんな夏の風物詩のひとつと言える「祭り」に関する幻想的な写真を紹介したい。

 この写真はWasavi 🍣 蓮子蓮子レボリューション(@wasatako)さんが、京都の伏見稲荷大社で開催された「本宮祭」で撮ったもの。暗い境内で灯る赤い提灯が怪しげな雰囲気を醸しだしていて、まるで異世界のような光景だ。

 これを見たTwitterユーザーからは、「屋台のもの食べたら現世に戻れなくなりそう」「めっちゃ行きたい」という反応が寄せられた。

 伏見稲荷大社の本宮祭は毎年7月の土用入後初の日曜日、または祝日に開催されているようだ。今年はもう終わってしまったが、来年もし時間があれば行ってみては。

※この記事のツイートはWasavi 🍣 蓮子蓮子レボリューション(@wasatako)さんの許可をいただいて掲載しました。