2

 福岡県にある株式会社熊本精研工業(@KUMAKEN_F)さんの金属加工の技術力の高さがTwitter上で話題になっている。きっかけは加工サンプル品を紹介した投稿だ。

 同社は精密金型部品の製作などを行っている企業で、2018年6月に東京ビッグサイトで行われた「第22回機械要素技術展」に出展するため、この加工サンプル品を製作した。

 加工サンプル品は一見するとただの金属の塊だが、実は複雑な形の4つのパーツを組み合わせている。金属同士の隙間はおよそ0.003mmと肉眼で見るのが難しいほど。ワイヤーカット放電加工機で製作したもので、メインの加工には50時間かかっているという。

 加工サンプル品の緻密さを確認できる動画がYoutubeに投稿されている。

 実はこの加工サンプル品、最初に作られたものは展示会中に盗難に遭ってしまっている。Twitterで情報提供を呼びかけたが戻ることはなかったため、再度製作したのだ。

 Twitterユーザーからは、盗難被害への同情の声と同時に「すごい加工精度だ」「かっこいい」と、高い技術力に驚く声が多く寄せられた。

 熊本精研工業では次回の展示会からブースの防犯を強化する方針だという。盗難に遭ってしまったのは残念なことだったが、これからの活躍を期待したい。

※この記事のツイートは株式会社熊本精研工業(@KUMAKEN_F)さんの許可をいただいて掲載しました。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?