2018年6月27日

宝箱かミミックか?趣味で作った「箱」の数々がRPGの世界に出てきそう

「ミミックがあらわれた!」的な箱だ
1

 スマトラ (@Sumaterablue)さんがTwitterに投稿した「趣味で箱を作っている妹の作品」が、かなりクオリティーが高いと話題になっている。まずは投稿をご覧いただきたい。

 誰もがRPGの村や街やお城の中などで見たことがあるだろう、宝箱の数々。開けたらアイテムやゴールドや、時にモンスターが出てくるアレだ。スマトラさんの妹さんは、ゲームの宝箱が欲しい一心で独学で作り始めたという。1個あたり、なんと3日で作るそう。すでに一定の領域を越えているのでは…!

 Twitterユーザーからのリクエストで、過去の作品も追加で投稿された。

 Twitterユーザーからは「趣味で箱を作るような、そういう精神的豊かさが欲しい」「ドラクエの世界でキャラとして働いてるのでしょうか?」と、作品の出来栄えを絶賛する感想が集まった。作り方や材料についての質問もあり、ボンドで木材を固め、帯にはバルサ材を使用していることがわかった。

 なお、妹さんはこれらを販売する予定も、その意志もなく、純粋に楽しむために作っているのだそう。ひとつひとつの箱が丁寧に作られていることから、量産しづらいことが理解できる。これらの「箱」を眺めつつ、いっそ自分で作ってみるのもいいかもしれない。

※この記事のツイートはスマトラ (@Sumaterablue)さんの許可を得て掲載しています。