0

 世界的ベストセラーとなったイギリスの児童文学『ハリー・ポッター』シリーズ。わくわくする冒険の数々や魔法がある世界観は、世代や国を超えて、たくさんの人を魅了し社会現象となった。

 現在Twitter上では、物語中に使われた、ある魔法の呪文がスマホで使えると話題になっている。

 Googleの音声検索を起動した後、「ルーモス」と唱えるとスマホのライトが付き、「ノックス」というとライトが消えるというのだ。ちなみに作中で、ルーモスは魔法の杖に明かりを灯し、ノックスは明かりを消す呪文である。

 試してみたTwitterユーザーからは「私、魔法使えるわ」「ホグワーツからの入学許可証待っています」など喜びの声が上がっている。

 この呪文が通用するのはAndroid端末だけの様子。iPhoneのSiriに「ルーモス」と唱えたユーザーからは「モスバーガー出てきた」と報告が寄せられた。

 ほかにも、相手を黙らせる呪文「シレンシオ」を唱えると、携帯がマナーモードになるようだ。

 実はこれらの機能は、2016年11月に公開されたハリー・ポッターシリーズの映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』とのコラボの一環で導入されたものだという。 

 Android端末を持っている人は、魔法使いになったつもりで、呪文を唱えてみてはいかが!?

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?