0

 文庫本の裏表紙に書かれたあらすじ。本の魅力を伝えるエッセンスがギュッと凝縮されているので、書店やネットで本を探すときに、あらすじをチェックする人が多いのでは?

 現在Twitter上では、とある文庫本のあらすじが話題となっている。

 上記は、小森健太朗さんによるミステリー小説『大相撲殺人事件』(文春文庫)。タイトルの時点で目を引かれるが、いったいどんな内容かというと…

ひょんなことから相撲部屋に入門したアメリカの青年マークは、将来有望な力士としてデビュー。しかし、彼を待っていたのは角界に吹き荒れる殺戮の嵐だった! 立合いの瞬間、爆死する力士、頭のない前頭、密室状態の土俵で殺された行司…本格ミステリと相撲、その伝統と格式が奇跡的に融合した伝説の奇書。

 「角界に吹き荒れる殺戮の嵐」や「立ち合いの瞬間、爆死する力士」等々、衝撃的なフレーズが並んでおり、かなり壮絶な展開のようだ。

 投稿者によれば、「あらすじの内容がかすむくらい、後半の展開も壮絶ですごくおもしろい」とのこと。これは一気読み間違いなし!?

 そのほかのTwitterユーザーは「かつてこんなに本編を読んでみたくなるあらすじがあっただろうか」「これは買わざるを得ない」など、強く興味を引かれている様子。また、「密室状態の土俵」という状況のわからない説明に対するツッコミも寄せられている。

 残念なことに、現在は古本でしか入手できないようだが、出版元の文藝春秋のサイトでは最初の数ページが試し読みできる。続きが気になった方はぜひ古本屋や図書館で探してみてはいかがだろうか?

コメント