2017年6月2日

「うぬにこの弁当が食えるのか」 北斗の拳・ラオウのキャラ弁の迫力がすごい!

拳王さま〜。
0

 食べるだけではなく、見るのも楽しいキャラ弁。トゥギャッチでは、マンガ『進撃の巨人』のリヴァイ兵長や、人気キャラクター・リラックマなど作り手の愛情がこもったキャラ弁を紹介してきた。

 現在Twitter上では、こんなキャラ弁が注目されているようだ。

 マンガ『北斗の拳』に登場するキャラクター・ラオウをご飯と海苔で再現したキャラ弁。髪型や顔に刻まれたシワが緻密に表現されており、投稿者の母の努力がしのばれる。

 こちらは、投稿者が中学生の頃の作品のようだ。弁当を開いたときに、いきなりラオウの顔が飛び出してきたら、かなり驚いたことだろう。

 ちなみに当初は、投稿者の父にラオウ、投稿者にはケンシロウのキャラ弁を渡す予定だったが、間違ってしまったようだ。

 投稿者は、ケンシロウのキャラ弁の写真も投稿している。鋭い眼光やニヒルな口元をもれなく再現した、文句なしの力作。細部までこだわって海苔を切り抜いた技術には、脱帽ものだ。

 気になる制作時間は、1枚につき約1時間ほどだという。

 Twitterユーザーからは「母の愛を感じる」との声が多く寄せられた。キャラ弁を作ったことがある人も、舌を巻く出来栄えとのこと。

 知恵と時間を使って作られるキャラ弁。これから挑戦したいと考える人は、料理レシピサイトを参考にしてみてはいかがだろうか。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?