2017年2月3日

ソーセージで作られた“どうぶつの森”!? あえて食べさせない試食コーナー(?)がなぜか人気に

逆に買いたくなるかも?
0

 スーパーでよく見かける試食コーナー。実際に商品の味を確かめられることで、より購入してもらいやすくするのが目的のサービスだ。

 そんな試食コーナーにちびっ子たちが集まっているので、様子を見てみると…?

 販売員のおじさんが、黙々とソーセージで動物を作っていたというのだ。すべて見本品のため、食べられないそう。

 木に見立てたブロッコリーの周りに、リスやライオン、ラッコなどさまざまな動物が作られている。かなり多くの動物たちがおり、大がかりな作品になっているのがわかるだろう。

 Twitterユーザーからは「『ママ、あれ作って』で買ってしまう」「試食しなくても買う」「食べさせないほうが販促になる試食コーナーが斬新」と、あえて試食させずに購買意識を高める方法に、称賛の声が寄せられている。

 試食をさせずに大丈夫かと心配になるが、試食販売員だというユーザーからは、「メーカーの人は、比較的自由」といったコメントも。

 たしかにこの展示を見たら、「うちでも作りたい…」と思ってしまいそうだ! お子さんがいる家庭では、実際に食べるよりも効果があるのかもしれない。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?