0

 何気なく外を見ていたら、人間の死体を発見してしまった…という事態は、探偵が活躍する小説やマンガの中ではよくある話でも、現実に体験する人は少ないだろう。

 しかし、現在Twitter上では、そんな恐怖体験を一瞬だけ味わったツイートが話題となっている。

 ある美大で授業終わりに窓の外を見た投稿者は、池に浮かぶ死体を発見し、思わず悲鳴を上げそうになったという。投稿された画像には、水面に浮かんだ長い黒髪の青白い人影が…。

 背筋が凍りそうな1枚だが、こちらはマネキンなのでご安心を。とはいえ、あまりにもリアルだったためか、投稿者は「突然の江戸川乱歩ワールド展開やめてほしい」と一言。

 そして、このツイートが拡散されていった結果、マネキンの制作者・ゴリさん(@gyate7631)の元にも届いた様子。ゴリさんによれば、こちらは進級課題の作品を披露する進級展の展示物とのこと。夜に撮影された写真はさらにホラー度アップ…暗闇の中でこの作品を見つけたら、震え上がってしまいそうだ。

 なお、作品名は「泳ぐ女」。しかし、制作者自らも「雪が降っているせいで、ただの水死体に」とこぼしている。

 豊かな表現力によってもたらされた恐怖体験。雪が積もるほどの寒さの中、目撃者はさらに体感温度が下がってしまったかもしれない…。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?