カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
0

 先週末は“最強寒波”と呼ばれるほどの強い寒気が流れ込み、全国的に厳しい冷え込みとなった。各地で今季最低気温を観測したようだ。

 そんななかTwitter上では、寒さのあまり起きた現象が注目を浴びている。

 投稿者が夜中に歩いていたところ、自分が吐いた息で前髪が凍ってしまったそう。

 それもそのはず、歩いていた場所は北海道の帯広。なんと気温は、マイナス20度だったという。

 これを見たTwitterユーザーからは「刺身に添えるつまのよう」「春雨みたい」「ホラー映画のワンシーン」など、何かにたとえるコメントが寄せられた。さらに「耳がとれないか心配」と、なかなか目にしない事態に驚いている声も。

 こんな状態にならないためにも、この時期は帽子がマストアイテムなのではないだろうか。これからも厳しい寒さが続くそうなので、地域に関係なく暖かい格好で外に出てほしい。

コメント