0

 お正月に遊びの定番・かるた。家族や親戚が集まって、いろはかるたや百人一首で遊んだことがある人もいるのではないだろうか。

 現在Twitter上では、とあるユニークなかるたが話題となっている。

こちらは「遊戯部すずき組」さんがゲームマーケットに出展した「COLOR CODE(カラーコード)」というカードゲーム。

 シャープ記号から始まる6文字の英数字が書かれた読み札と、カラフルな絵札が特徴的だが、その名の通り、Webカラーの基本16色をモチーフにしているのだ。Webデザイナーのように、日頃よくカラーコードを目にしている人なら、強いプレイヤーになれるかも…?

 実際に遊んでみたユーザーによれば、「意外とみんな素早く取れた」「手軽に遊べる」とのこと。また、そのほかのユーザーからは「色彩検定の勉強に役立つのではないか」という声もあった。

 ゲームの作者である遊戯部すずき組さん(@suzukigume)は、一緒に遊ぶ相手を選ぶかもしれないとコメントしているが、カラーコードがわからない人でも、遊んでいるうちに組み合わせを覚えられそうだ。

 ちなみに、さらに日本伝統のカラー10色追加できる拡張版も登場している。マニアックな人同士でぜひ遊んでみたい!

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?