カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
0

 子どもの頃、木の下に落ちているどんぐりを拾った経験はないだろうか。

 現在Twitter上では、そんなどんぐりにまつわる豆知識が話題になっている。

 鹿児島市平川動物公園(@hirakawazoo)のTwitterアカウントが投稿している、どんぐりの写真。小さな穴から白い幼虫が出てきているが、中でふ化したゾウムシの仲間らしい。

 試しにどんぐりの殻を割ってみると、プニプニとした白い幼虫がクネクネしながらお出まし…。

 これを見たTwitterユーザーから「幼稚園の時のトラウマ」「さっそく捨ててきた」と嫌悪感を示す反応が寄せられた。

 そんななか、投稿者は虫入りのどんぐりの判別法を紹介。水に入れて浮いたら、ほぼ、虫がいるとのことだ。

 拾ってきたどんぐりを持っている人は、一度水に入れてみると、トラウマを防げるかもしれない。

コメント