0

 映画『シン・ゴジラ』に登場し、登場した場所にちなんだ“蒲田くん”の愛称で親しまれているゴジラ第2形態

 現在Twitter上では、そんな“蒲田くん”のモチーフになった生物についての解説が反響を呼んでいる。

 投稿されたのは、深海魚「ラブカ」の図解。サメの一種でヒダ状のエラやギザギザした歯が特徴とのこと。最古のサメ「クラドセラケ」に似た特徴を持つため、“生きた化石”とも呼ばれているそうだ。

 非常に珍しい生き物だが、日本近海に現れることが多く、相模湾や駿河湾で捕獲されるケースが昔からあるそう。

 ほかにも、飼育が難しいことや刺し身にしてもおいしいといった意外な情報も掲載されている。

 Twitterユーザーからは、“蒲田くん”にモデルがあったことに驚く声が上がっている。また、投稿者の絵や文章のクオリティの高さに感心する声も。

 その珍しさから、いまだに謎が多いラブカ。『シン・ゴジラ』の上映を機会に、知名度はかなり上がったのではないだろうか。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?