1

 きな粉と黒みつをかけて食べる和菓子、わらび餅。

 そんなイメージを覆すラムネ風味の「ラムネわらび餅」が今夏発売され、ネット上で話題になった。そんななか、製造元の明日香食品がまた一風変わった新味のわらび餅を発売したとTwitter上で盛り上がりを見せている。

 今回新たに追加されたのは、「いちごわらび餅」と「ミルクティーわらび餅」の2種類。それぞれいちごミルク風味パウダーとミルクティー風味パウダーが付属しており、それをわらび餅にかけて食べるという寸法だ。

 さっそくいちごわらび餅を食べた投稿者によると、いちごの香りが甘酸っぱくておいしいそうだ。冷蔵庫で冷やさず常温で食べるのがオススメとのこと。ミルクティーわらび餅もどんな味なのか気になる…。

 ちなみに今回の2つの新商品は、西日本での発売となっている。

 なお、明日香食品はキワモノ系和菓子ばかりを作っているわけではなく、正統派の和菓子も手がけている。

 ラムネわらび餅を開発したのは「若い人にわらび餅を食べてもらいたい」という思いがあったからだそう。今後もユニークな商品に期待したい。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?