2016年11月2日

本屋だと思ったら、カレー売り場だった? あるスーパーの“カレーなる本棚”が素敵!

圧巻の陳列棚!
0

 子どもから大人まで、さまざまな層に人気のカレー。時々、無性に食べたくなることはないだろうか。

 現在Twitter上では、あるスーパーのカレー売り場が反響を呼んでいる。

 週刊少年マガジンで『煉獄のカルマ』を連載していたマンガ家・春場ねぎさん(@negi_haruba)が投稿したカレー売り場の陳列。

 「北海道ジンギスカレー」や「富良野ブラックカレー」、「比内地鶏カレー」など、日本各地のレトルトカレーが商品棚いっぱいに棚差しされている。まるで書店の本棚のようだ。

 これに対して、ほかのスーパーで似た並べ方を見たことがあると指摘するTwitterユーザーも。

 「北野エース」というスーパーでアルバイトをしているというユーザーからは、この陳列方法を“カレー(華麗)なる本棚”と呼ぶといった情報も寄せられた。

 種類の多さに圧倒されるカレー売り場の陳列棚。近くのスーパーでは、どのように並べられているのか確認してみてはいかがだろうか。