0

 それは人類にとって永遠の敵・ゴキブリ。どれだけ撃退してもその戦いは終わらない。

 そんな困り者を撃退する、とある方法がTwitter上で話題になっている。

 投稿者が提案しているのは、タイムというハーブを使ったゴキブリ対策。寒くなる前に、冷蔵庫の裏や戸棚といった、Gが潜みやすいところに仕込むというものだ。

 ゴキブリはタイムが苦手なので、冬を越すために外から入ってきても逃げていくそう。さらに、春になってから再び同じものを仕込めば、殺虫剤もゴキブリホイホイも一年中使わなくて済むのだとか。

 設置場所は、彼らが入ってくる排水口や窓、そして潜伏場所となる冷蔵庫の裏や炊飯器近く、テレビの裏などの温かい電化製品周りがオススメだ。

 この対策に、多くのTwitterユーザーも興味津々。「殺虫剤を使うのがためらわれる、赤ちゃんがいる家庭では重宝する」という意見や、タイムのほかにハッカ油などハーブ全般に同様の効果があるという声も寄せられている。

 一方で、「ハーブを使った市販のゴキブリ避けは、引き出しなどの覆われた場所でないと効果が出ない」という情報も。

 毎年ゴキブリとの戦いに疲れた方は、今のうちに試してみてはいかがだろうか?

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?