2016年10月21日

接着剤で指がくっついたときの対処法を、セメダイン自ら体を張って解説!?

誰でも一度は経験したことあるかも?
1

 数ある企業公式Twitterアカウント。自社の製品やキャンペーンをPRしたり、ときには豆知識や裏話を教えてくれたりすることも。

 そんな企業アカウントのなかで、とあるメーカーの体を張った投稿が話題となっている。

 上記は、接着剤メーカーのセメダイン(@cemedinecoltd)によるツイート。

 瞬間接着剤がしっかりとつく条件として、「適度な水分」と「人肌くらいの温度」、そして「貼り合わせる際に密着するような、素材の柔らかさ」と解説している。

 さらに、その理想的な条件を満たしている例として(?)、指同士が接着剤でくっついた様子を披露しているのだ!

 また、接着面がきれいな状態であることも大切なので、指に接着剤がつくのを防ぐには、あらかじめハンドクリームなどの油分でコーティングしておくのが有効とのこと。

 

 これを見たTwitterユーザーからは、指をくっつけてしまった経験談が多数寄せられているほか、「勉強になった」との声も。

 さらに、あまりにも同じ状況に陥ったという報告が多いため、指がくっついてしまった際の対処法も紹介してくれている。無理に剥がそうとせず、ぬるま湯の中で揉むといいそうだ。また、付着した塊は除光液で落ちやすくなるそう。

 そのほかにも、接着剤に関するさまざまな小ネタを紹介している同アカウント。日常的に利用している方は、ぜひチェックしてみては?