0

 飲食店の店頭に貼られる貼り紙。休業や閉店などのお知らせが書かれているが、その内容をじっくり見る機会はあまりないのではないだろうか。

 Twitter上では現在、あるそば店の貼り紙が切ないと注目を浴びている。

 東京都・内神田のそば店「満留賀(まるか)」。1903年から営業していたとのことで、れっきとした老舗店だ。

 貼り紙には店主のそばアレルギーが悪化したため、一時閉店をすることが書かれている。ここまで悲しい閉店理由があっただろうか…。

 店主の悲痛の声を嘆くと同時に、店の再開を願うツイートも見られた。

 一時閉店とのことなので、無事立て直しができることを願うばかりである…。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?