1

 残念なことに世界各国でテロリスト事件が発生し、ニュースで報じられることも増えてきた。もちろん日本にいる私たちも他人ごとではない。

 そんななか、Twitter上ではこんな画像が話題だ。

 アメリカでテロ対策訓練を受けたという投稿者が描いたこちらの画像。訓練を元に、もしテロに遭遇してしまったらどのような対応をすればよいかをわかりやすくまとめたイラストだ。

 そこには、「逃げる・記録しない・立ち向かわない」という標語とともに、「常に出入り口・非常口の位置を確認する癖をつける」「”何か”が起きてもその方向を見ず逃げる。携帯電話で撮影しない」「化学兵器テロの場合はハンカチが生死を分けるそうなのでできるだけ持つ」といった実践的な内容が描かれている。

 そのほか、「音が鳴ると居場所が知られてしまうので、携帯電話の電源はすぐに切る」「口を開けておくと、爆発音などで鼓膜が破れるのを防げる」とのこと。万が一の場合に備えて、覚えておくとよいだろう。

 投稿者も言うように、テロを気にして生活するのはストレスがたまる。常に気を張るのではなく、常識として頭に入れておくことが重要そうだ。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?