2016年6月28日

Twitterに新機能! 画像に絵文字などを貼りつけられる「ステッカー機能」が登場

タイムラインがにぎやかに!
0

 日本語版Twitter公式アカウントから、ツイートに添付する画像にステッカーを貼りつける新機能が発表された。

 今回追加されるのは「#Stickers (ステッカー)」機能。公式ブログによれば、表情の絵文字や帽子・メガネなどのアクセサリー、季節性のあるものなど、数百種類を用意するという。写真の自由な位置に複数のステッカーをつけられるだけでなく、サイズを変えたり回転させたりすることも可能。

 また、タイムラインに流れてきた画像のステッカーをクリックすると、そのステッカーを使ったツイートを一覧にして表示してくれる機能も。

 同機能はiOSとAndroidユーザーに、今後数週間のうちに順次提供される予定。さっそく写真やイラストに使ってみるユーザーも現れている。

 Twitterユーザーからの反応は「モザイク用途に便利」「ステッカーを使った大喜利になりそう」といった声が上がっている。また、「Twitter.comの上ではステッカー付きの写真をご覧いただくことができます」という公式のコメントについて、「完全な目隠しにはならないという意味?」といった指摘も。

 トゥギャッチ編集部でステッカー付きの画像をダウンロードして確認したところ、ちゃんと合成された状態で保存されるのが確認できた。

 さらに画像付きツイートが楽しくなりそうな同機能。もしかしたらLINEスタンプのように、キャラクターものやクリエイターによるステッカーが登場する日が来るかも!?