0

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、6月26日までの期間限定で、日本のマンガやゲームをテーマにしたアトラクションイベント「ユニバーサル・クール・ジャパン2016」を開催中。

 その一角「進撃の巨人」エリアの“壁の巨人”に関する考察が、Twitterで話題になっている。

 上記は、実物大で再現された“壁の巨人”。投稿者は、この巨人がどのような状態で壁に埋まっているのか疑問に思い、「座っている」「刺さっている」などのパターンを考察している。

 さらに、そのほかのユーザーからも多くの意見が寄せられ、「壁の巨人の埋まり方」をお題とした大喜利状態に…。

 一頭身や二頭身のほか、乙女チックなうつ伏せ、クラウチングスタートなど、コミカルな巨人のイメージが続々と展開された。

 こんな“壁の巨人”なら全然怖くないかも…?

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?