0

 神が人間界にやってくる際の乗り物として、神社で飼われている「神馬(しんめ)」。

 Twitter上では、とある神社の神馬が意外な姿を見せている。

 あおむけで寝ながら、こちらを見ている神馬。背中がかゆいのかな…?

 普段はこのような姿とのこと。

 また、別のTwitterユーザーによると、場所は奈良県吉野郡の「丹生川上神社下社」のようだ。

 祭事の時に登場し、神聖視される神馬。たまには、お茶目な姿を見せたかったのかも?

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?