1

 見方を変えることで、まったく違った像が浮かび上がってくるトリックアート。本来は緻密な計算から作り出される芸術作品だが、偶然の見間違いから生まれるケースもあるようだ。

 投稿者は、画像左手の向きからおまんじゅうを見たところ、“腹筋がバキバキに割れた鳥”と認識したという。

 確かに3つの黒い点は目とくちばしに、そして茶色い線が鍛え上げた腹筋の割れ目のように見える。

 しかし、実際は画像右手の向きが正解。かわいらしいトラの顔のおまんじゅうだったのだ。

 先に“腹筋が割れた鳥”を見てしまったユーザーは、トラよりも鳥に見えてしまうという声も…。

 ちなみに、このおまんじゅうは和菓子店・浪越軒の名物「なみこしけんのどうぶつえん」。ぜひ実物でだまし絵を楽しんでみてはいかがだろうか?

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?