2016年3月2日

好きな作品を批判されたら…? 実話をもとにしたマンガがTwitter上で議論を呼ぶ

感想は十人十色。
0

 近年、アニメやマンガ、小説がメディアミックスで映画化されることは多い。もともとその作品のファンなら、劇場に足を運んで大画面の迫力を楽しみたいところだ。

 しかし、こだわりがあるからこそ映画の内容に納得がいかないと、批判したくなるという人もいるのではないだろうか?

 現在Twitter上では、そんな「批判」に関するマンガが議論を呼んでいる。

 ストーリーは、主人公の大好きなアニメが映画化されるところから始まる。公開初日に友人を誘って観に行き、映画に大満足の主人公だったが、鑑賞後に友人からは痛烈に批判されてしまう。そのできごとがトラウマとなり、最終的にアニメ作品そのものへの興味を失っていく。

 そして、最後に「一人でも多くの人に知ってほしい 批判は何も産まない。それどころか、ファンにとって大切な思い出を、ぶち壊すということを。(原文ママ)」と締めくくっている。

 これに対し、ユーザーからは同様の経験をしたことがあるとの声も少なくない。

 一方で、批判への対処については意見が分かれているところだ。耳を傾ける、反論する、感じ方の違いと割り切る、しばらく時間を置いて作品愛を確かめるといったアドバイスがなされている。

 また、批判的な意見自体は必要だが、それを言うタイミングが重要であるという指摘も。

 投稿者のマンガに関連して「#好きなアニメを友達に批判されたときの正しい対応」というハッシュタグでも、大喜利状態で意見が飛び交っている。

 あなたなら、いったいどう対処するだろうか?