懐かしすぎる「初代ゲームボーイあるある」に思い出がよみがえるTwitterユーザーが続出

ポケモン誕生から20年…
ポケモン ゲームボーイ 漫画家 任天堂 懐かしい イラスト マンガ家
1

 1989年4月に「任天堂」から発売された携帯ゲーム機「ゲームボーイ」に熱狂した方は多いのではないだろうか。

 今では見ることが少なくなってしまったが、同社の代表ソフトの一つ「ポケットモンスター」シリーズが2月27日に20周年を迎え、初めてポケモンが登場した「ゲームボーイ」に関するイラストが話題となっている。

 上記は、マンガ家のアサナさん(‏@asana1988)が投稿した「ゲームボーイ」のあるあるネタをまとめたイラストだ。

 「この赤いランプで電池残量を確認する」「単3電池4本入れる(めっちゃ消費する)」「使いこむと黄ばむ」「暗いところでは見えない。布団にかくれてプレイできない。」(以上、原文ママ)など、当時ユーザーだった人たちには懐かしの特徴が描かれている。

 Twitterユーザーからも「懐かしい!」という声が数多く寄せられている。当時の記憶が鮮明に残ってる人も少なくないようだ。

 リプライのなかには、今でも現役の「ゲームボーイ」や「ポケットモンスター 赤」の姿も。いずれも生産終了して久しいが、いまだに愛されているシリーズであることがうかがえる。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?