2015年12月9日

セメダイン公式アカウントが接着剤を使ったチンアナゴの作り方を紹介

きこえますか…きこえますか…
1

 セメダインの公式アカウントで、接着剤を使ったチンアナゴの作り方がツイートされ、話題になっている。

 セメダインの公式アカウントが「スーパーXが余ったら捨てないでチンアナゴを作ろう」と呼びかけている。

 作り方は、クリアファイルにセメダインスーパーXを厚めに絞り、半日置いて膜が張ったら表面にペンで顔を描く。24時間経ってから、クリアファイルから取り外す。

 注意点として、下敷きにする材質はシリコンやポリプロピレンの上で作ること。クリアファイルにはスーパーXが苦手とするポリプロピレンという材料が使われており、硬化後に取り外すことができるが、塩ビやPET、アクリルなどで作ると取り外しができなくなってしまうのだそう。

 また、ほかの接着剤で代用可能かといった問いに、「作れなくはないが、プニプニした感触を出すには、スーパーXが1番オススメ」だとか。

 同アカウントの”中の人”は、広報ではないらしく、のんびり屋の女性社員だそう。余ったセメダインでチンアナゴを作ってみるとは、いかにも女性らしい発想だ。他にも接着剤を使ったかわいい作品をツイートしている。自宅に余ったスーパーXがある方は、ぜひ試してみてはいかがだろう?