0

 2001年にオープンし、東京のクラブシーンに大きな影響を与えてきた代官山AIRが、年内の営業をもって閉店することを発表した。

 公式サイトによると、2015年12月31日のカウントダウンイベントを最後にクローズするとのこと。

 この知らせを受け、Twitterユーザーからも惜しむ声が多数投稿された。

 また、こちらは報道関係者向けに発表された文章だ。

拝啓 夜長の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

  平素は、AIRおよびNoMadに格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
当店は、皆様にご愛顧、お引き立ていただいて参りましたが、
諸般の事情により来る2015年12月31日(木)をもちまして、閉店いたす運びとなりました。
皆様の温かいご支援をいただく中での苦渋の選択となりましたが、
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
2001年9月の開店以来、14年余りにわたる皆様のご愛顧に対し、
スタッフ一同厚く御礼申し上げますとともに
突然の閉店でご迷惑をおかけしますことを、心よりお詫び申し上げます。
株式会社グローバルハーツでは、また新しい店舗の構想も積極的に進めてまいります。
近い将来に、また皆様とお仕事ができる日を楽しみにしております。
略儀ながら書面をもちましてご挨拶申し上げます。

敬具

 このように具体的な閉店理由などは述べられていない。

 なお、年末までのスケジュールはこちらで確認できる。これまで通ってきた方や初めての人も、閉店まで一度足を運んでみてはいかがだろうか?

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?