0

 警視庁警備部災害対策課の公式アカウントのツイートが話題になっている。

 賞味期限が近づいた「乾パン」のアレンジ方法を述べたツイートだ。それによると、溶かした黒糖を乾パンにからめたところ、サクサクとして市販のものと同じ味だったということ。

 これに対し、「おいしそう!」「試してみたい」という声が寄せられているが東日本大震災の被災者と思われるユーザーからは、乾パンは種類によって硬さが違っており、当時配給されたものは、硬く、年配者や子どもは食べづらかったとの意見も。

 気づかないうちに賞味期限を過ぎてしまうこともある非常食。この機会に確認し、このようなアレンジをきかして楽しんでみてもいいかもしれない。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?