0

 日用品から食品までなんでも揃うコンビニだが、地域によってはこんな意外なものまであるようだ。

 投稿者によるとファミリーマートで、供養のために墓の脇などに立てる塔婆(とうば)が売っているのを見かけたそうだ。価格は120円とのこと。

 こちらは、新富士インター近くのファミリーマートで売っていたとのことだ。

 調べたところ同商品は意外と発見者が多く、値段もそれぞれだがいずれも案外リーズナブルであった。

 この「ミニ塔婆」と呼ばれるものは、参考サイトによると、お墓参りの際に花立てや盆灯篭の代わりに供えるほかにも、誰が訪ねてきたかを記す名刺にもなり、静岡県の富士・富士宮地区では普通の風習のよう。

 このようにもし旅先で意外な光景に出会ったら、調べてみると意外な理由が発見できるかもしれない。

コメント

まえもと @maemoto_moriya 2015年9月22日
広島西部のコンビニやスーパーは初夏になると盆燈籠を扱いだすのでカラフルになる。