0

 

こんにちは、セブ山です。

先日、僕のタイムラインにこんなツイートが流れてきました。

「凍らせたトーストを半信半疑で食べてみたらおいしかった」というこちらのツイート。

たしかに、おいしそうではありますが、でも、やっぱり食パンは焼いた方がおいしいのでは…?

そして、もうひとつ、こんなツイートも流れてきました。

「オリジナルの形容詞を作ると文章力が向上する」というこちらのツイート。

本当にそんなことで文章力がアップするのでしょうか?

 

001

というわけで今回は、オリジナルの形容詞を使いながら、凍らせた食パンが本当においしくなるのか検証してみたいと思います!

 

002

まずは、必死にフレッシュ感をアピールしているような半ズボンを履きながら食パンを冷蔵庫に入れます。

 

003

実家から「生活感」だけが仕送りされて来たような冷凍室で、食パンを凍らせます。

 

004

そして、待つこと5時間。

W不倫している夫婦のようにキンキンに冷えきった食パンが完成しました。

本当にこれがおいしいのでしょうか?

 

005

十数年使われていない廃校の便器のように黄ばんだ歯でかじります。

 

006

ん!? こ、これは…!

シャリシャリしてうまい!

たしかに、凍らせた食パンはうまいぞ!

でも…、

 

007

おいしいけど、今回使用した「6枚切り」の食パンだと少しモサッとした感じがする!

もっとシャリシャリ食べるなら、もっと薄い食パンの方がおいしそう!

う~ん、10枚切りの食パンを買えばよかった…。

クレーム対応のための菓子折りを買って来いと言ったら、お菓子詰め合わせ(セルフ)を買ってきた新入社員のような初歩的なミスです。

 

008

続いて、後ろにいる友だちを笑わそうと思ってエスカレーターで「ブッ」とオナラをして、ニヤニヤ笑いながら振り向いたら、全然知らない人が立っていることに気付いた瞬間の顔色のように真っ赤っかなジャムを塗ってみます。※実話です。

 

009

十数年使われていない廃校の便器のように黄ばんだ歯でかじります。

 

010

おっ! これはうまい!

ツイートにも書かれていた通り、たしかにサクサクしたアイスみたいでうまい!

これなら親のセックスを目撃してしまった翌朝のように食欲のない日でも、飢えた餓鬼が地獄に堕ちた罪人のはらわたをむさぼり食うようにスイスイ食べられそう!

 

011

というわけで、「凍らせた食パンはおいしい」ということがわかりました!

10枚切りくらい薄い方が、凍らせた時に、よりシャリシャリ食べられそうです!

ぜひ、あなたもそれがまるで神に与えられた己の運命(さだめ)のように試してみてはいかがでしょうか?

 

※文章力が向上していたかどうかはみなさんの判断におまかせします。

書いた人
セブ山

インターネット文化人類学者。人々がインターネットで織り成す「文化」について研究している。著書に『インターネット文化人類学』がある。TwitterIDは@sebuyama

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?