0

 初見の人を必ず戸惑わせるであろう、不思議な構造の自動改札機が発見された。

 よく見るタイプの自動改札機だが、広い通路の両端に置かれているので、一瞬「すごく大きい人用?」と思ってしまいそうだ。

 実はこちらは出入り口の改札ではなく、桑名駅のJRと近鉄のICカード専用乗り換え改札機だそうだ。

 「京阪電車(@keihandensha)」によると、こちらの改札はおそらく桑名駅がノーラッチ(※一つの駅の異なる会社間に改札が存在しない)駅のため、乗客の乗車経路を特定するためにこのような造りになっているとのこと。

 さらに京阪電車公式アカウントは、ノーラッチの他にもワンラッチ(※乗り換え専用改札口がある)駅や、ツーラッチ(※接続駅で各社それぞれの改札口がある)駅の存在についても説明している。

 そんな専門用語を頭に入れておくと、普段何気なく使っている駅も、いつもとは違った風景に見えてくるかもしれない。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?