0

 学校や職場で、泣いている人に対してこんな声をかけている光景を見たことはないだろうか?

 泣いている人も本当は泣きたいとは思っていないため、注意した側に「なんでこれくらいで泣くわけ?」と言われても困ってしまうという。

 同様の経験を持つ人たちからは、さらに上記のように「泣けばすむと思ってるの?」「泣いたら許されると思ってるのか?」などの追い打ちの言葉をかけられた苦い思い出が語られた。

 さらにその場の雰囲気に飲まれて、余計に泣いてしまうという人も。

 また、泣いている人たちの心の中には、実は悲しみだけではなく「困惑」や「悔しさ」なども渦巻いているようなのだが、それをその場で伝えることはなかなか難しいようだ。

 混乱の最中にいる人をそれ以上追い詰めないためにも「なぜ泣いてしまうのか?」を共に考えてあげるのが本当の優しさなのかもしれない。

コメント

hideno @hideno1974 2015年8月27日
でも やっぱり、子供じゃないなら泣くなよ とは思う。