カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
0

 ブラックバスやブルーギルなどの外来種の魚は、日本の生態系に被害を及ぼす生き物として問題視されているが、それらが実際に繁殖している現場ではこのような扱いになっているようだ。

 水辺に立つ看板には「釣った魚は戻しましょう。ブラックバス、ブルーギルは抹殺して下さい」という注意書きがある。

 日本釣振興会のサイトによると、外来種の中でも特にバス・ブルーギル・チャンネルキャットフィッシュについては、キャッチアンドリリースを禁止している県が多くあるようだ。

 しかしこの看板の投稿に対して「食べたら意外とおいしい」という意見も見られた。

 釣った以上は“抹殺”するのではなく、食べてしまうのが本来の生き物の姿なのかもしれない。さて、あなたはこのテーマについてどう感じただろうか?

コメント

16TONS@最近ゲームやってねえ @moonintears16t 2015年8月11日
パンフレットとかで調理法を書いて配布すれば狙って釣る人増えると思う
うにら @riafeed 2015年8月12日
リリスには触れてはいけないのか…