2015年7月1日

マトリョーシカかな? 分解したSDカードの中からMicroSDカードが登場

どういうこと?
1

 SDカードを分解したら、中から意外なものが出てきたというツイートが話題になっている。

 4GBのSDカードの中に同じ容量のmicroSDカードが入っていたという。SDカードアダプタと同様の仕組になっており、はんだ付けもされていなかったそう。

 このツイートに対し「半導体の大容量化が原因なのではないか」という声が寄せられている。わざわざ同じ容量の記憶媒体を別々に作るよりも、1つだけ作る方が安上がりで済むというわけだ。

 実際にはよく行われていることで、USBメモリなどにも入っていることがある。変な話にも思えるけど、microSDカードに対応していない電子機器もあるからなあ。

 もっと半導体の大容量化が進んだら、MicroSDカードの中にもっと小さな記憶媒体が…なんてこともあるかも?

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?