0

 ある女の子が考えたという、梅宮辰夫さんのふりをして周囲を驚かせる遊びが話題になっている。

 路上で梅宮辰夫さんの顔を印刷した団扇を顔の前に構えるというもの。

 こんな“体は子ども、頭は梅宮辰夫さん”な人を見たら、誰だってビックリするよ!

 うちわは自作したものではなく、東京都に本店を構える本郷骨董美術館が配布している販促用のものだそう。

 Twitter上には、このうちわに対して「東京大学、赤門近くで置かれていて笑った」「仰いでも涼しくなさそう」などの反響が集まっている。

 もし、この団扇を手に入ったら、梅宮辰夫さんになってシュールな自撮りにチャレンジしてみては?

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?