0

ソフトクリームという誰もが知るスイーツがある。最近でもないが、このソフトクリームに魚介類をトッピングするムーブメントが起きているのだ。

ソフトクリームにカキフライが乗っていたり、じゃこが乗っていたりする。甘いソフトクリームに、そのようなものが乗っていて、おいしいのか? という当たり前の疑問が浮かぶ。そこで実際に食べに行ってみた。

 

001

岡山県日生市でカキフライソフトクリームは売られていて、

 

002

見かけは違和感しか感じないけれど、

 

003

食べると意外においしい。なにがどうおいしいのかと問われると困るけれど、ソフトクリームと魚介類の組み合わせはありかと思わせられる。牡蠣は海のミルクと言われるので、ソフトクリームと相性がいいのかもしれない。

 

004

高知県安芸市では、

 

005

じゃこソフトが売られている。

 

006

やはり見かけは違和感バリバリだが、食べてみると…、

 

007

やっぱりおいしい。じゃこの塩気がソフトクリームの甘さを際立たせている。スイカに塩みたいなことだ。生臭さも消えていてジャコもおいしくなっている気がする。

ソフトクリームに魚介類は合う、ということが分かった。そこで、いろんな魚介類をソフトクリームに乗せて食べてみたいと思う。まだ見ぬ商売チャンスが見つかるかもしれない。

 

どろめ

008

ということで、まずは「どろめ」である。どろめはじゃこの生の状態。「ぬた」という緑色の液体をかけて食べるのが一般的だ。ぬたは白みそやにんにくで作られたもの。これをソフトクリームにかければ、色合いも最高だろう。

 

009

やはり素晴らしい見た目だ。キラキラと輝くどろめ、白に映える緑色のヌタ。問題は味である。見た目はいい”マズメシ”も存在するから。さっそく食べてみようではないか。

 

010

 

011

見た目通りにおいしかった。チーズみたいな味わいだ。「どろめ」という妖怪っぽい名前だけど、ソフトクリームと一緒になると、イタリアの風を感じる。私はスーパーのフードコートで間違いなくイタリアの風を感じたのだ。どろめの生臭さも消えている。

オススメ度:★★★

 

012

続いては鰹のたたきをソフトクリームに乗せる。生のどろめはおいしかった。先のじゃこソフトもおいしかった。ということで、次は魚の種類は変わるけれど、少しだけ火が入っている鰹のたたきをチョイスしたわけだ。

 

013

相変わらず見た目はいい。白いソフトクリームは、基本的に何を乗せても映える仕組みになっているそうだ。考えてみれば絵を描く紙やキャンバスは白い。白いからこそ、そこから先を自分で作ることができる。ソフトクリームはアートの場なのかもしれない。

 

014

 

015

世の中には説明できないものがある。まさにこれがそれだった。何がそうさせるのか分からないけれど、おいしいのだ。魚特有の生臭さがソフトクリームで消えているというのもあるだろう。なんかおいしい。なんかおいしいのだ。ちょっと不細工な人に惹かれる感じに似ているかもしれない。

オススメ度:★★★★★

 

マグロ

016

日本人が大好きなマグロをソフトクリームに乗せたらどうだろう。マグロ自体が美しい色なので、見た目も申し分ないだろう。

 

017

やはり見た目は素晴らしかった。白と赤。めでたい雰囲気すら感じる。今後は結婚式で出すのを一般的にしていったらいいのではないだろうか。マグロはおいしいし、完璧なのではないだろうか。

 

018

 

019

サザエさんのマスオさん以上に驚いた。「無」なのだ。無。味が無。マグロの味もしなければ、ソフトクリームの味も感じない。無なのである。ソフトクリームとマグロの刺身を買って、無を味わう、ってすごくお金の無駄遣いな気がした。でも、年収が600万円くらいあれば、このようなことにお金を使いたいとは思う。

オススメ度:★★★(年収が600万以上の場合。それ以下の場合は星はなし)

 

020

次は鯨でやってみようと思う。コショウという今までにない要素があるので選んでみた。醤油や塩気は今までもあったけれど、コショウ。私はインド原産というコショウの可能性を信じて疑わないのだ。

 

021

上質な生活の一場面のような完成度だ。日本ぽくない北欧の風を感じる。あえてたくさん乗せないオシャレ。これがこのソフトクリームだ。食べてみようではないか、上質な私が。

 

022

 

023

これがものすごくおいしかった。そよ風がカーテンを揺らす休日の午前みたいな味なのだ。コショウがソフトクリームに合うようだ。こんなにおいしくていいの? ってなってしまった。フードコートでこのような一品に出会えることに感動を覚えた。

オススメ度:★★★★★★★

 

鰹節

024

最後は鰹節を乗せてみようと思う。今までのものは生の要素が多かった。やはり男性なので生が好きなのだ。そのこだわりだったのだけれど、加工された海産物もおいしいのではないかと思うのだ。

 

025

見かけは相変わらず素晴らしい。条件反射で鰹節が踊っているように見えるが、ソフトクリームは冷たいので、全然踊ってはないか。ただ私の心はおいしそうで踊っている。

 

026

 

027

なんだこれ、めちゃくちゃおいしい。私の心は全盛期のTRFよりも踊っている気がする。鰹節の塩気がソフトクリームにピッタリとハマるのだ。甘さの中の鰹節がキラリと光っている。普通のソフトクリームより遥かにおいしい。

なぜソフトクリームと魚介類が合うのかという謎はとけた気がする。臭みを消すのに牛乳を使ったりするので、魚介とソフトクリームは相性がいいのだ。しかし、ソフトクリームを舐めるとき、私が毎回必ず目を閉じる謎だけは解けなかった。

 

028

ただ、冷たい物の食べ過ぎでおなかが痛くなった。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?