0

 イセエビ類の中で最も大きい種類とされる「ニシキエビ」。その貴重な姿が話題になっている。

 投稿者である飼育員と並んでいるのは、脱皮後の抜け殻だ。人と比べると、あまりの大きさに驚かされる。

 なお、本体はちゃんと水槽の中で元気に生きているようだ。

 こちらのエビはすでに最大のサイズだが、通常は8~10カ月に1回のペースで脱皮を繰り返し、少しずつ大きくなるという。

 この大きなニシキエビに会いたい人はぜひ、福岡県にある水族館「マリンワールド海の中道」に足を運んでみては?

コメント