0

 4月は新人指導の機会が増える時期だが、その現場でつい言ってしまいがちな言葉についてのツイートが話題になっている。

 投稿者の職場では、特に新人に対して「前にも言ったよね」は禁句であるという。新人が分かるまで何度も教えるのが指導者の仕事であり、さらに「見て覚えろ」という言葉は、職人ぶりたい人の自己満足とされているらしい。

 なお投稿者は、「聞く側がメモや備忘録を取るなどの義務を果たさない場合はその限りではないが、指導者が楽をするために『前にも』という言葉を使うのは良くない」と付記している。

 誰もが一度は言われたことがあるであろう「見て覚えろ」という言葉に関しては、それを不条理と感じている人が多いようで、Twitter上には多くのの意見が投稿されていた。

 また人によって理解の仕方は様々であるため、上司がその人に合った効率的な教え方を考えて指導にあたるべきというツイートも見られた。

 もし指導の方法に悩んでいる方がいたら、この機会に一度考え直してみると、思わぬ良い結果が得られるかもしれない。

コメント